バイデン米政権は23日、日本や中国、インド、韓国、英国と協調し、石油価格の抑制に向け、戦略石油備蓄を放出すると発表。米国が中国など主要消費国と協調して備蓄を放出するのは初めて。

米国は5000万バレル放出する。国内消費量の約2日半分に相当する。12月中旬から下旬に市場に供給される見込み。備蓄の放出は貸与と売却の形で実施する。3200万バレル分は今後数カ月にかけ、石油会社に貸与される。1800万バレル分は売却に充てられ、議会がすでに承認している売却を加速する方針とした。

インドは備蓄から500万レル放出し、英国は民間備蓄から150万バレルを任意に放出することを認めると表明した。

日本の国家備蓄の放出はまず数日分になる見通し。国家備蓄の余剰分を市場に放出する。韓国は放出量や時期については、米国や他の同盟国との協議後に決定するとした。中国の放出量および時期は明らかになっていない。