サウジアラビア主導の連合軍は24日、イエメンの首都サヌアの「正当な」軍事目標に対して空爆を開始すると発表。

イエメンの親イラン武装組織フーシ派は、2015年3月にサウジ主導の連合軍がイエメンに介入して以来、無人機やミサイルを使ってサウジに越境攻撃を繰り返している。