石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国で構成する「OPECプラス」は、29日に予定していた合同技術委員会(JTC)を12月1日に、30日に予定していた合同閣僚監視委員会(JMMC)を12月2日に、それぞれ延期した。

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が石油の需要と価格に与える影響を見極める時間が必要と判断した。

閣僚級会合については、OPECが1日、OPECプラスが2日にそれぞれ開く。生産方針は2日に発表される見通し。