もし我々が全く新しいワクチンを製造しなければならないとすれば、大量に手に入る様になるのは、来年初めになるだろう