南アフリカの感染対策を担うサリム・アブドル・カリム博士は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」によって南アの1日の感染者数は1週間で3倍になる恐れがあると警告した。
保健省のオンライン記者会見で「今週末には1日1万人を超えると予想している。2〜3週間で医療は逼迫する」と述べた。
当局によると、28日の感染者数は約2800人だった。その前の1週間の1日平均の感染者数は約500人、その前の週は同275人だった。


世界保健機関(WHO)は29日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、国際的に拡散する公算が大きく、世界規模のリスクは「極めて高い」と分析した加盟国宛ての報告内容を発表した。