パウエルFRB議長は1日、下院金融サービス委員会で証言し、物価上昇が幅広い分野に及んでおり、インフレリスクが増大しているとの見解を示した。

 一方、インフレは2022年に低下するとの見通しも示した。また経済も強く、財政政策からも支援を受けられると述べた。