バイデン米大統領は3日、2022会計年度(21年10月〜22年9月)予算成立までの「つなぎ予算」を延長する法律に署名、成立した。つなぎ予算の期限は従来の12月3日から22年2月18日に延長された。予算の失効により政府機関が閉鎖される事態は当面回避される。

ただ、つなぎ予算では、トランプ政権下で成立した前年度予算の水準が維持されるため、バイデン政権の重視する政策への予算配分ができない状態が続く。

一方、連邦政府の借金総額は、法律で定められた上限である28・9兆ドル(約3300兆円)に達しており、政府が国債発行などで借金を増やすことができなくなっている。このため、米議会が新たな借金を認める法案を可決しなければ、政府は年内にもつなぎ予算に基づいた支出ができなくなる。

イエレン財務長官は「12月15日を過ぎると政府の資金が枯渇するシナリオがあり得る」と警告し、議会に早期対応を促しているが、与野党の協議は難航している。