バイデン米大統領は6日、フランス、ドイツ、イタリア、英国の首脳とウクライナ情勢について電話会談した。ロシアがウクライナとの国境で軍を増強させていることへの懸念を共有し、ロシアに対して緊張緩和を求める方針を確認。

協議は7日に予定されているバイデン氏とロシアのプーチン大統領とのオンライン会談に先だって行われた。