世界のランサムウエア(身代金要求型ウイルス)攻撃は今年上期に前年同期に比べ151%増えており、ハッカー集団らの攻撃は対重要インフラを含め、さらに積極化する可能性が高いとする報告書をカナダ通信安全保障局(CSE)が6日発表。