nyg

昨晩のNY金(2月限)は、小幅続伸。前日比0.8ドル高の1トロイオンス1785.5ドルで終えた。

英国の新たな制限措置に対する懸念から戻りを売られ、1780.1ドルまで下落後は、押し目を買われた。ジョンソン英首相が新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」の感染拡大に対する制限措置を発表するとしたことが圧迫要因になったが、米ファイザーが3回目のワクチン接種でオミクロン株に対しても高い効果があるとし、リスク回避の動きが一服したことが下支えになった。