中国人民銀行(中央銀行)は12月20日、期間1年の最優遇貸出金利(LPR、ローンプライムレート)を3.85%から3.80%へ引き下げた。

12月24日に貨幣政策委員会を開催し、政策ツールの積極的な活用を示唆。

仮に、2022年1月〜2月の経済指標が弱めとなれば、2月下旬か3月上旬に、中期貸出制度(MLF)における期間1年の金利や、期間7日のリバースレポ金利の引き下げの可能性も。

北京オリンピック、共産党大会を控えて、メンツを維持する施策が予想される。