1:企業の利益は強いが利上げの影響があり、S&P 500は上昇せず。バリューがグロースをアウトパフォーム。ボラティリティは高く、20%未満の調整がある。

2:コモディティ価格は下がるが、家賃は上昇を続け、インフレは4.5%と高止まり。

3:インフレ上昇とFRBテーパリングに反応し始め、10年債利回りは2.75%に。年内の利上げは4回。

4:コロナウィルスの影響は残るが、人々の生活は概ね正常化。

5:中国が投機的な住宅投資を抑制する結果、中国家計の待機資金が増える。資産運用業が活況となり、欧米企業にもチャンスが。

6:ヘッジ需要が高まり、金は20%上昇し史上最高値に。暗号資産がシェアを伸ばすものの、金は新たに誕生した富豪の退避場所としての地位を回復。

7:原油の供給は十分拡大できず、WTIは100ドル超に。

8:安全性向上が図られ、原子力発電が選択肢に。核融合技術が将来のエネルギー源の候補に。

9:ESGが(企業による方針表明を超えて)発展する。

10:米グリーンエネルギー計画がリチウム・バッテリー不足で暗礁に。中国はリチウム・コバルト・ニッケル等を国内優先に。


ここでの「サプライズ」の定義は「平均的な投資家は1/3程度の確率でしか起こらないと考えているが、ウィーン氏は1/2超の確率で起こると信じている事象」とされている。


その他に、それほど重要でないもの、実現可能性が高くないもの:

11:FDAが初めて体外遺伝子治療を承認。

12:ジェイミー・ダイモンJPモルガンCEOが暗号資産へのスタンスを翻し、同社が同業界のリーダーに。暗号資産が金融市場の主要素の1つに。

13:米中両国が先進半導体の供給能力を増強。

14:ハリケーンの恐怖をよそに、良い気候と低税率に惹かれプエルトリコが新たな老後の場に。