北朝鮮が11日に日本海に向けて発射した飛翔体について、韓国軍合同参謀本部は、同日午前7時27分ごろ(日本時間同)、北朝鮮の内陸部から発射されたと明らかにした。

韓国軍は、ミサイルは1発で、弾道ミサイルと推定されるとの分析を示した。