イランと米国の間では、核合意再建に向けた間接的な協議が1月3日に再び始まった。

1月末か2月初旬までに突破口を開くことを望んでいるとの姿勢を示唆しているが、依然として見解の違いは大きく、最も困難な問題が未解決のままで残されている。イランは、西側諸国が定めるいかなる交渉期限も拒否している。