米議会下院は13日、民主党の投票権保護に向けた選挙改革法案を可決。

ただ共和党は団結して反対しているため、上院で可決されるかどうかは不透明。