国家統計局が15日発表した2021年12月の主要70都市の価格動向によると、北京、上海、広州、深圳の「1級都市」の平均価格は前月を0.1%下回った。3年3カ月ぶりの下落。

主要70都市のうち前月から値下がりした都市は50と、全体の7割を占めた。