CBS世論調査(バイデン政権1年目の成績表)によれば、回答者の65%がバイデン政権が加速する物価上昇への対応に十分注力していないとしたほか、58%は経済への対応も不十分だと指摘。

「どうすれば大統領に対する考えが変わり得るかとの質問には、「インフレへの対応が必要」との回答が中心で、「法の成立ではなかった」。