nyg

17日(月)の米国市場は、キング牧師の誕生日で休場。

原油高が継続しており、早ければ3月にも予想される米連邦準備理事会(FRB)の利上げが意識される中、NY金は1月3日高値水準で上値が抑えられている。ネックラインは1月7日安値。

200日移動平均線と重なる一目均衡表の雲は厚みが薄くなると同時に、トレンド変化(加速or転換)が起こり易いと言われる雲のねじれの時間帯に差し掛かっている。18日は満月であり、通貨市場においてはメリマンの重要変化日。200日移動平均線が維持されるか否かが、テクニカル面の短期的な焦点。

nygeuro

金相場と相関の高いユーロが先週、なべ底形成から上放れたが、独10年債利回りが0%を超えてくると、象徴的なユーロ買いの材料となる可能性も。ユーロドルの上放れがダマシとなるのか否かにも注目したい。

tkgichimoku

先週、日銀が金融正常化に向けて、インフレ目標2%達成前に利上げに踏み切ることが可能か議論しているとの報道があり、本日は、日銀金融政策決定会合後の黒田総裁記者会見にも注目したい。ドル円主導で円建て金が動意付く可能性もある。