dow

昨晩のNYダウは6日続落し、前日比450ドル02セント安の3万4265ドル37セントと、2021年12月前半以来の安値で終えた。ナスダック総合株価指数は4日続落し、前日比385.098ポイント安の1万3768.922と昨年6月以来の安値で終えた。


動画配信のネットフリックスが急落し、来週以降に決算発表を控える主力ハイテク株に売りが広がった。成長懸念の高まりから、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムやソフトウエアのマイクロソフト、スマートフォンのアップルなどに売りが波及した。
米連邦準備理事会(FRB)の早期の金融引き締めが米景気の減速につながるとの見方が根強く、景気敏感株も引き続き売られた。