予想よりも強い回復を目の当たりにしている。

地政学問題や気候変動要因がエネルギー価格を高騰させている。

ECBは制御不能なインフレ・スパイラルに陥ること見込んでいない。

供給制約の問題は次第に安定に向かうだろう。

インフレ見通しの変更についてオープンであるべき。

欧州と米国は同じスピードで動くわけではない。

条件が整えば、ECBが行動することに疑問の余地なし。