英外務省は22日の声明で、ロシアがウクライナ中央政府に親ロシア派の指導部設置を目指していると警告。

ゼレンスキー政権に代わる親ロ派政権の樹立を企図した動きとみられ、ムラエフ元ウクライナ最高会議(議会)議員が首班候補として検討されている模様。