イタリア大統領選の4回目投票が27日実施されたが、棄権や白紙投票が相次ぎ当選者は出ず。1〜3回目では当選に3分の2以上の得票が必要だったが、4回目からは過半数を獲得すれば当選となり、ハードルが下がっていた。各党の激しい綱引きが続く中、28日に5回目投票を行う。