dow

昨晩のNYダウは小幅続落し、前日比7ドル31セント安の3万4160ドル78セントで終えた。
ナスダック総合株価指数は反落し、前日比189.336ポイント安の1万3352.783と昨年5月以来の安値で終えた。

ダウは午前中に600ドル強上げた後は急速に伸び悩み、下げに転じて終えた。
26日のFOMCでは3月の利上げ開始を示唆し、パウエル議長も記者会見でインフレ対応の必要性や雇用の強さなどを強調し、想定以上に金融引き締めに前向きな姿勢を示したことが上値を抑えた。