米証券取引委員会(SEC)は9日、ヘッジファンドやプライベート・エクイティ・ファンド(PEファンド)などの情報開示を強化する規則案を発表。

顧客に対し、運用手数料や経費、運用成績などを四半期ごとに提示するよう要請。
年次監査も義務付け、報酬算定の基礎となる資産評価への監視も強める。