歴史を紐解くと、利上げがあると市場は怖気づくが・・・通常それで強気相場は終わりはしない。
強気相場が終わるまで2、3、4回より多い利上げがあるのが通例で、今回もそうなると想像している。

2023年が来たら、みんな困難に遭遇する。

バブルになっているもの:債券、多くの場所の不動産、一部の株式。
株式:米国株にさえまだ上がっていないものがあり、それがまだショートしない理由。
何か買うとしたら:コモディティ。特にエネルギーと農業。
金・銀:売りも買いもせず、保有している。
中国:子供の代に偉大な国になるとの予想は動かず、売っていない。
日本:売りも買いもせず保有している。日銀の資産買入れに期待。
ロシア:売りも買いもせず保有しており好調。ロシアは、2022年に大きな債務もなく、莫大な資源を有し、反資本主義でない希少な国の1つ。

〜American Consequences〜