米エネルギー情報局(EIA)は14日公表の生産性リポートで、テキサス州とニューメキシコ州にまたがる米最大のシェールオイル産地、パーミアン盆地の3月の産油量が前月から日量7万1000バレル増え、過去最高の520万5000バレルに達すると予想。

国内主要シェールオイル産地の3月の合計産油量は前月から日量10万9000バレル増の計870万7000バレルと、2020年3月以来で最多となる見通し。

ノースダコタ州とモンタナ州にまたがるバッケン層の産油量は前月比日量6000バレル増の119万8000バレルと、20年11月以来の高水準になると見込まれる。

サウステキサスのイーグルフォード層は日量2万4000バレル増の114万6000バレルと過去最高水準に達すると予想。