プーチン大統領は21日の大統領令で、親ロシア派武装勢力が実効支配するウクライナ東部の2地域にロシア軍を派遣するように国防省に指示した。

平和維持が目的と主張し、ウクライナへのロシア軍の展開を正当化した。