ウクライナ国家気象予報士は23日、冬作物の生育状況について、総作付面積の12%(90万ヘクタール)が春先までに「不良」となる可能性があると発表。