ロシア大統領府は、プーチン大統領がイスラエルのベネット首相と27日電話会談し、この中でイスラエル首相がウクライナ和平に受けた仲介を申し出たと明らかにした。

大統領府声明によると、会談でプーチン大統領は、ベラルーシに代表団を派遣してウクライナとの協議に備えたが、ウクライナ側は「この機会を利用しなかった」と述べた。