ロイター/イプソスによる最新の米世論調査で、ロシアのウクライナ侵攻を受けたバイデン大統領の対応への支持率が43%と前週の34%から上昇。

ただ、全般的なバイデン氏の支持率は43%でほぼ変わらずだった。不支持は54%。米国が誤った方向に進んでいるとの回答は61%。

ロシアに追加制裁を加えるべきだとの回答は約77%。

ウクライナ危機のために燃料やガス料金を多く支払うことは、他の民主主義国家を守るために価値があると答えた人は58%と過半数に達した。2月23─24日に行われた調査では49%だった。