日銀は20日、複数日にまたがって決まった利回りで国債を無制限に買い入れる「連続指し値オペ」を実施すると発表した。実施は21〜26日で、新発10年物国債を0.25%の利回りで買い入れる。


海外金利の上昇を受けて国内の長期金利も0.25%まで上昇し、日銀が上限とする「0.25%程度」に達するなか、無制限に国債を購入することで金利上昇を防ぐ狙い。