4月20日、トルコのメヴルト・チャヴシュオール外相は、CNN Turkのインタビューで、「トルコは、ロシア-ウクライナ戦争が、イスタンブールでの和平交渉後、これほど長く続くとは思っていなかった」と述べた後に、以下のように語った。
「しかし、NATO外相会談を通して、私はある印象を抱くに至りました。つまり、いくつかのNATOメンバー国は、戦争が長引くことを望んでおり、戦争を長引かせることによってロシアを弱体化させようと思っている。」と述べた。