ヨルダンのアブドラ国王は25日、バイデン米大統領と電話会談し、エルサレムにあるイスラム教とユダヤ教の聖地で衝突が繰り返される事態を回避する必要があるとの見解で一致した。

イスラム教の断食月ラマダンとユダヤ教の過越祭が重なり、ラマダン後の衝突が宗教心の高揚につながって、より広範囲なイスラエル・パレスチナ間の紛争に発展するのではないかと懸念されている。