グランホルム米エネルギー長官は25日、米国の石油・ガス生産は今後も増加し、ロシアのウクライナ侵攻を受けて市場から減少した日量100万─150万バレルの原油を補うとの見通しを示した。

グランホルム長官は、米国産原油の拡大分は日量100万バレル程度とし、国内の石油生産が今後数カ月に拡大し、原油およびガソリン価格の安定化に寄与すると述べた。

米ホワイトハウスは3月末、戦略石油備蓄から今後6カ月間で1日当たり100万バレル、全体で1億8000万バレルを放出すると発表。5月に放出を開始する予定。