米GDP速報

米商務省が28日発表した第1・四半期の実質国内総生産(GDP)速報値は年率換算で前期比1.4%減と、予想外に縮小した。個人消費や設備投資は堅調だったものの、貿易赤字の拡大や在庫の緩やかな伸びが成長にブレーキをかけた。

マイナス成長は新型コロナウイルス感染で大幅な落ち込みとなった約2年前以来。事前予想は1.1%増。

2021年第4・四半期の6.9%増から大幅に悪化したことで、スタグフレーションや景気後退を巡る懸念をあおる可能性がある。