yen

昨晩のドル円は、前日比1円10銭円安・ドル高の1ドル=130円15〜25銭で終えた。米国のインフレ懸念や米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締め観測の高まりで、米長期金利が3年半ぶりの水準に上昇した。英イングランド銀行(中央銀行)の悲観的な景気見通しを受け、対英ポンドでドルが買われ、対円でのドル買いに波及した面もあった。

英イングランド銀行は5日、インフレが10〜12月期に「10%をやや上回り、ピークを迎える」と指摘した。23〜24年の英経済成長率の見通しを下方修正し、23年の実質国内総生産(GDP)はマイナス成長を予想した。景気減速懸念を受けて英金融引き締めサイクルの停止が近いとの観測から、英ポンドは対ドルで大幅に下落した。
euro

ユーロは対ドルで3日ぶりに大幅に反落し、前日比0.0080ドルユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.0535〜45ドルで終えた。