dow

昨晩のNYダウは、3営業日ぶりに反発し、前日比8ドル77セント高の3万1261ドル90セントで終えた。インフレと米金融引き締めが米景気を冷やすとの懸念から、下げ幅は一時600ドルを超えたが、前日までに連日で年初来安値を更新しており、短期的な戻りを見込む買いが入り、引けにかけて急速に下げ渋った。

ダウ平均は8週続落で、リフィニティブによると1932年以来90年ぶり、ファクトセットによると1923年以来99年ぶりの連続下落記録となる。


ナスダック総合株価指数は3日続落した。前日比33.879ポイント安の1万1354.617ドルで終え、年初来安値を更新した。