米海洋大気局(NOAA)は24日、今年発生するハリケーンの数が7年連続で平均を上回る見通しだと発表。

大西洋のハリケーンシーズン(6〜11月)に発生する熱帯暴風雨の数は14〜21個。そのうち6〜10個がハリケーンに発達し、さらに3〜6個は大型ハリケーンになる見込みという。昨年の熱帯暴風雨の数は21個だった。