12日に行われたフランス国民議会(下院、定数577)選挙の第1回投票で、マクロン大統領の中道与党連合が過半数を失う可能性が出てきた。

4月に大統領に再選された同氏率いる中道与党連合は265−304議席を獲得する見通し。世論調査会社4社の出口調査集計で明らかになった。過半数には計289議席が必要。2位はジャンリュック・メランション氏率いる左派連合で163−207議席を得るもよう。

弱い政権になると、停戦協議の仲介にも影響を与えそう。