中国の習近平国家主席とロシアのプーチン大統領は15日、電話会談した。中国国営中央テレビ(CCTV)によると、習氏はウクライナ危機について、全ての当事者が「責任を持って」打開に取り組むべきと指摘し、危機打開を支援する意向を改めて示した。

ロシア大統領府は、両首脳は電話会談で「西側の不当な制裁政策によって複雑さを増した世界経済情勢を考慮し、エネルギー、金融、産業の分野で協力を拡大することで合意した」と発表。