米フィラデルフィア連銀が16日発表した6月の第3連邦準備地区の製造業景況指数は、総合でマイナス3.3となり、前月の2.6から低下した。市場予想は5.5。3カ月連続の低下で、2020年5月以来2年1カ月ぶりのマイナス。