日本銀行が日本国債の10年物利回りを0.25%以下に抑えるため最近行った国債購入の規模とスピードは、これ以上ないほど際立っている。日銀が6月に入って買い入れた国債は、すでにこれまでの月より25%余り多い。

日銀はイールドカーブコントロール(YCC)を通じ、日本国債発行残高のほぼ50%を保有。国債市場でこれほど多くを保有している主要な中央銀行は他にない。

保有する国債は今週にも発行残高の50%を超えるが、象徴的な事象に注目する投機的な動きには注意。