S&Pグローバルが23日発表したドイツの6月の購買担当者景気指数(PMI)速報値によると、ドイツ経済は急激に失速した。輸出減少が響いたほか、経済の先行き不透明感とインフレが内需の重しとなった。

S&Pグローバル独サービスPMI

サービス部門PMI速報値は52.4と、前月の55.0から低下。好不況の分かれ目となる50は6カ月連続で上回った。市場予想は54.5だった。

S&Pグローバル独製造業PMI

製造業PMIは52.0と、前月の54.8から低下。市場予想の54.0を下回った。

S&Pグローバル独総合PMI

総合PMIは51.3と、前月の53.7から低下。市場予想の53.1を下回った。