格付け会社S&Pは、中国の今年の成長率見通しを4.2%から3.3%に引き下げた。下方修正は5月に4.9%を4.2%として以来今年2回目。

新型コロナウイルスの感染防止対策として実施されたロックダウン(都市封鎖)が想定以上に経済成長の打撃になったとみている。