2015年イラン核合意の再建に向けた協議を仲介している欧州連合(EU)のエンリケ・モラ主席調整官は29日、米国とイランの間接協議が「調整役としてのEUチームが期待していた」進展なく終了したとツイッターに投稿した。間接協議はモラ氏の仲介で28日に開始していた。

イランのタスニム通信は「これらの交渉の結実を妨げたのはウィーンで提案された、イランの経済的利益に対するいかなる保証も排除した草案文面に米国が固執したことだ」と伝えた。