米独立記念日明けのマーケットは、改めて景気後退リスクを織り込み始めた。

日産証券お客様メニュー「市場分析レポート」の

7/4付け「2四半期連続マイナス成長の可能性」
7/5付け「戦況有利なロシア、報復制裁に動く」

をそれぞれ参考にして頂ければ幸いです。