ロシアと欧州を結ぶ主要ガスパイプライン「ノルドストリーム1」は、10日間の定期保守点検を終えてドイツへのガス供給が21日に再開した。

21日の流量は保守点検前に既に減らされていた水準と同じ、輸送能力の40%となっている。一部で懸念されていた点検期間の延長はなかったが、この水準が維持されると言うことは、ロシア産燃料に依存しているドイツなどの欧州諸国が、冬季に向けて十分なガス確保になお苦慮することを意味する。

ロシアのプーチン大統領は20日、ノルドストリーム1について、関連設備の問題で供給をさらに絞るか停止する可能性があると警告。これを受けて欧州連合(EU)は加盟国に、来年3月までガス使用量を15%削減するよう提案している。