ロシア国営ガスプロムは25日、ロシアと欧州を結ぶ主要ガスパイプライン「ノルドストリーム1」について、タービン1基を追加的に停止させるため、供給量が減少すると表明。

ガスプロムによると、ポルトバヤ圧縮機ステーションの稼働能力は27日GMT0400(日本時間午後1時)から日量3300万立方メートルに減少する。同ステーションの完全稼働能力は日量1億6000万立方メートル以上。