「OPECプラス」の合同専門委員会(JTC)が2日、2022年の供給過剰見通しを日量約20万バレル引き下げ、同80万バレルとした。

「OPECプラス」は3日に閣僚級会合を開催する。