死生命あり、論ずるに足らず。

「死ぬことも生きることも天命であり、あれこれ言うべきものではない」という意味。

日本海海戦の直前に送られた言葉。